スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

乳首の黒ずみ

年齢による色素沈着等もありますが、乳頭・乳輪の色素沈着は有色人種や妊娠、授乳後に多く見られます。

妊娠をすると乳首が濃くなるのは、授乳に備えて肌を保護するためだといわれています。

妊娠や出産によって色素沈着が進み、黒褐色調になり、大きさも増すことがあります。

そのため、出産を経験して乳首が黒くなったと感じるのです。

性体験とはあまり関係ありません。

黒ずんだ乳首や乳輪をピンク色に近づけたい場合、美容外科でも、ハイドロキノンというクリームを塗る方法、ピーリング、レーザーでの処置があります。

手軽な処置ですと、ハイドロキノンクリームやピーリングがよいでしょう。

元々色素のある場所ですので、定期的なケアが必要です。

ある程度薄くなるには、少なくとも2~3ヶ月は様子を見なければなりません。

確実に薄い色にしたい場合には、レーザー治療もあります。

スポンサーサイト


2007/09/22 バストの悩み トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 豆乳でバストアップ | HOME | 出産後や加齢に伴う悩み >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。