スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

バストアップと女性ホルモン

バストの発育に非常に重要なのが、
女性ホルモン『エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)』です。

思春期に(8歳から18歳ぐらいまでの時期)月経が始まり、胸が大きくなるのは女性ホルモンが多く分泌されるからです。この胸の成長期に不規則な食事、偏食などは乳房に充分な栄養がいかなくなり、バストの発育不良になることもあります。また、過度のストレスなどによりバストの成長が止まることもあります。

バスト発育期にインスタント食品を頻繁に食べたり、充分な睡眠をとらず、運動もほとんどしないようなバランスの悪い生活を続けていると、女性ホルモンの分泌が減少し、バストの成長がスムーズにいかなくなってしまうのです。
バストが大きくならなかったのは、せっかくバストの成長期にそれを阻害してしまい、バストが成長しきれなかったことも大きな原因のひとつかもしれません。

ストレス,無理なダイエット、不規則な生活、睡眠不足などは女性ホルモンの分泌を阻害し、バストの成長を妨げるので要注意です!

スポンサーサイト


2007/09/04 未分類 トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 下着の正しい着用方法 | HOME | ツンとした胸をつくるエクササイズ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。