スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

乳首の黒ずみ

年齢による色素沈着等もありますが、乳頭・乳輪の色素沈着は有色人種や妊娠、授乳後に多く見られます。

妊娠をすると乳首が濃くなるのは、授乳に備えて肌を保護するためだといわれています。

妊娠や出産によって色素沈着が進み、黒褐色調になり、大きさも増すことがあります。

そのため、出産を経験して乳首が黒くなったと感じるのです。

性体験とはあまり関係ありません。

黒ずんだ乳首や乳輪をピンク色に近づけたい場合、美容外科でも、ハイドロキノンというクリームを塗る方法、ピーリング、レーザーでの処置があります。

手軽な処置ですと、ハイドロキノンクリームやピーリングがよいでしょう。

元々色素のある場所ですので、定期的なケアが必要です。

ある程度薄くなるには、少なくとも2~3ヶ月は様子を見なければなりません。

確実に薄い色にしたい場合には、レーザー治療もあります。

スポンサーサイト

2007/09/22 バストの悩み トラックバック:0 コメント:0

出産後や加齢に伴う悩み

バストの悩みの中で「出産・授乳でバストが垂れてしまった」という声が多く聞かれます。

バストを支えている筋肉が衰えたり、皮膚のハリがなくなるとバストは垂れてしまいます。

また、女性ホルモンの分泌も年齢と共に減少していくため、バストの下垂、たるみにつながります。

出産後・加齢によるバストの下垂、たるみ防止には、マッサージ、大胸筋を鍛えるなどのバストアップ体操、またはサプリメントや、バストアップ、女性ホルモンの分泌に有効な食品をとるなどの早めの予防が大切です。

また、美容外科での豊胸手術、メスを使わないプチ豊胸などの方法もあります。


2007/09/21 バストの悩み トラックバック:1 コメント:0

バストのバランス

大きいバストを好む男性が多いのは事実・・・。
よって、大きなバストに憧れる女性が多いことにもうなずけますが、実はバランスも非常に重要です。

人間のバストはもともと左右同じ大きさではありませんが、中には「ブラジャーの片胸はいつもパッドが必要」「バストが目立つビキニは着れない」という人もいます。

バストがアンバランスなのは生まれつきの場合もありますが、極端に姿勢が悪いことも原因の1つとなります。
また、「スポーツで胸の片側の筋肉が発達してしまった」という人や、「授乳後、バランスが悪くなった」という人もいるようです。

理想的なバストとは?
鎖骨の中心から左右の乳首までを結んだ線の長さと、左右の乳首を結んだ線の長さが等しく、胸に正三角形ができるのが理想のバランスです。
乳房の底辺と高さがほぼ等しいことも、美しい形のポイントです。


2007/09/21 バストの悩み トラックバック:0 コメント:0

バストの小さい理由

バストの小ささを「遺伝」や「年齢」のせいと、バストアップをあきらめてしまっている女性が多いですが本当にそうなんでしょうか?

実は小さなバストの原因には生理学的なきちんとした根拠があります。

そして、女性の体の形成に深く関わりのある女性ホルモンの分泌量の不足に起因するケースが一般的と考えられています。

女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌され多ければ多いほど脂肪がつきやすくバストも大きくなっていきます。

この時期に激しいスポーツや多大な精神的ストレス・過剰なエネルギーの消費があると女性ホルモンの分泌が少なくなりバストの発育が妨げられます。

この女性ホルモンの量を調節しているのが精神の影響を受けやすい間脳にある視床下部です。

したがってストレスをためることがバストに悪い影響を与えてしまうのです。 (女性ホルモンの量を正常の状態に戻そうとする身体の働きが「ホメオスタシス」です。

またバストを形成するいくつかの組織の中でとりわけ中心となる乳腺は女性ホルモンの影響を強く受ける組織です。

この乳腺はバストアップの鍵だといえます。

だからこそ今まで遺伝や年齢などであきらめていた小さな胸も女性ホルモンの分泌を促進することでサイズアップの夢は充分かなえることができるのです。


2007/09/05 バストの悩み トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。